春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

雨上がりの秋の空

昨日、
あっ空が綺麗!と見惚れて立ち止まりました。
雨があがったあと、空気中の塵がすべて取り除かれたようで、抜ける様な青い空に真っ白な雲。
寒さも吹き飛んでいくような晴れやかな空でした。
それからまたしっとりと雨が降ったあとは、夕陽に照らされ紅葉を輝かせている山に、
光った朱色の雲がかかってとても美しかった。。

自然の美って、いつもながらに大きいなぁ~~と感心していました。

さて、昨夜はボジョレーヌーボーの解禁日。

数あるワイン産地のなかで何故ボジョレーの新酒だけ、しかも日本でこんなにもてはやされるのか
理由は分かりませんが、
ワインは好きなので、我が家も昨年からボジョレーヌーボー解禁日を楽しんでいます。
(ボジョレーヌーボーというイメージが若くて軽口のワインというイメージがあり、今までは避けていたくらい;)

昨年は『ドミニクローラン ニュイサンジョルジュ ボジョレーヴィラージュヌーボー キュヴェスペシャル』
今年は『ジョセフドルーアン ボジョレーヴィラージュヌーボー ヴィエイユヴィーニュ』

ドミニクローランもジョセフドルーアンも素敵なワインでした。
ボジョレーヌーボーのなかでも重みのあるワインを選んでもらって、
どちらかというとドミニクローランが好みでした。
(年によって葡萄の出来が違うので比べてはいけないかもしれません。)

ヌーボーをいただいて、葡萄農家、ワイン生産者の1年を想い、自分自身の1年も振り返り、
どことなくゆったり、まったりしながら、会話がはずんでの食事の時間でした。
いつもの食事にボジョレーの賑わいや華やかさがプラスされたのでしょう。


今日は外は明るい日差しがさしています。
明るい太陽の時間も、夕陽の時間も、細い月の時間も、冬の星座の時間も、、
素敵な時をすごせますように。。。

b0232400_12154396.jpg


   HARUと日差しにぬくもりながら・・・
[PR]
by withyoursong | 2012-11-16 12:24 | | Comments(4)
Commented by natureflow at 2012-11-17 11:22
ボジョレヌーボーをいただきながら
穏やかな時間を
はずむ会話の中で過ごされる
そんな雰囲気が伝わってきました。

残念ながらワインをたしなみませんので
ボンジョれ?何だったっけ?と迷いながら
確かめて書きました~~♪♪
Commented by minori38 at 2012-11-18 11:39
こんにちは。ボジョレーヌで至福の時を。いいですね。・・・☆
さすが、葡萄の本場、山梨育ちですね。こちらも、角田山の)山麓に
ワイナリー(カーブドッチ)があります。山麓の葡萄畑、、手入れされた庭の中のワイナリーを思い出しました。国産のワインもいい味で。・・・
Commented by withyoursong at 2012-11-19 11:00
natureflowさま。確かめてくださったのですね☆
皆さんのように詳細な情報を添付できたらよいのですが、出来なくて;;
いつも不親切になってしまい申し訳ありません。

良い気分でほんわか和みながらいただく雰囲気が好きです。
(一時、辛い時期に、苦しいほど飲んでしまいましたが、
そこからは何も生まれず、何も解決しませんでした。苦しいだけ;-反省ー)

フランスではボルドーとかブルゴーニュとかシャンパーニュとか、
他にもワインの産地があって、ボジョレーヌーボーはブルゴーヌ地方の
新酒のことですね。
ご存知かも知れませんがスパークリングワインの中でも
シャンパーニュ地方で造られたものだけが、シャンパンていう名前なんですよね。
ワインの味わいを言葉で的確に表現していくソムリエさんの表現力には
その都度脱帽しています☆

Commented by withyoursong at 2012-11-19 11:19
minoriさま。私も国産ワイン、好きですよ☆
ルバイヤート、ルミエール、ハラモ等、故郷のワインには
特別な思い入れがあります^^。
11月3日は山梨ヌーボーの解禁日だったんですって!
この時期に新酒になる甲州やマスカットベリーAのワインに
合わせているらしいです。
ワイン業界もあの手この手でアピールしているのですね^^。
新潟もワイナリーがあるのですね☆
ワインカーブにも久しく行っていません。今度実家に帰省の折には^^♪