春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

駱駝ー串田孫一さんー

『こころ』という総合文芸誌vol.2の表紙絵は、串田孫一さんの駱駝の絵です。
なにも主張せず、ただそこに佇んでいるだけですから・・とさえ言わなさそうな静かな駱駝の挿絵。
背中にコブがあるので、「みんなと違ってたって、なんてことはないさ。」くらいは
どこかで思っているかも知れない。

駱駝の絵をまくると、串田さんの『博物誌』から、英語の採点のエピソードがのっています。
幾ら丸をつけてもこのcamelは煙草にならないとか、ほかのことを考えて丸をつけそこなったり
していて、丸をつける側のこころの動きが、楽しいのです。単なる作業ではない^^
で、camelと書けない受験者の苦しみの痕跡に嬉しくなっていたり、書けなくても
何とか工夫している回答(lacdaとかsand horseとか)に、これなら二重丸あげたら?と^^

さて駱駝にまつわる息子とのやりとりから。
 私 :らくだってcamelって知ってた?
 息子:知ってるよ。じゃ、ろばしってる?
 私 :あーわかんない。
 息子:donkeyだよ。
 私 :donkey kongって、ゲームならゴリラなのにね。
    じゃ、kongがゴリラの意味かな。
 息子:ちょっと待って、(辞書を引いて)ゴリラはgorillaだ。
 私 :えーーじゃ、donkey kongってなんなのぉ?
    kingがついたらkongがゴリラの意味になるのかな・・
 息子:ちょっと待って、(辞書を引いて)king kongは映画に出てくる架空のゴリラだって。
    kongは辞書にない。
~~・・・うーんなんともややこしい。ゴリラと思っていたけど、あなた、さてはろばさん?
    そんなことは、、ないですよね。・・あ、架空のろばゴリラ?


『こころ』編集後記より、十三年前の会話
 編集山本さん:同じ山に毎週のように登って、何か、面白いのでしょうか?
 串田孫一さん:どの草花も、石ころ一つも、毎日ちがう表情をしていますからね。


今日も一日をたいせつに・・・
[PR]
by withyoursong | 2011-11-20 07:00 | 言葉 | Comments(4)
Commented by sola-1-sola at 2011-11-20 12:11
教養のあるお話ですね/
驢馬。駱駝。アルパカ。これら好きチームです。
もう英語なんて、、どうでもいいと言い切りたい私。
世界の言語は一つにならぬかと切実に感じている今日この頃です
Commented by withyoursong at 2011-11-20 19:18
solaさん、こんばんは。
世界の言語が一つになったら・・日本語一つにならないかも!
英語?スペイン語?フランス語? ・・どうしよう。エ~ンですよ~。
驢馬も駱駝も難しい漢字ですね。
今日、ついでに覚えました。笑

串田さんの登山の会話好きなのです。
私もまた山に登りたい。
体力ないので大変なのですが、山が呼んでいる~
雪山は不可能ですよ。
私の辞書には「不可能」という文字があたりまえにありますから。笑
Commented by isleysh at 2011-11-20 19:36
こんばんは~。
確かに、僕もkongについて少し調べたことがあります 笑
king kong の原案者の造語というところみたいですが、色々な
意味が重なっての kong のようですね。

「毎日、違う表情」・・・。
それに気付かれることも素晴らしいですが、ご自身の心の表情を
映し出しての言葉なら、また深いですね~。

ちなみに僕の辞書は「不可能」だらけです 笑
Commented by withyoursong at 2011-11-21 02:11
SHOGOさん、こんばんは^^
kongが造語だとしてですね・・
donkey=ろばが何故出てくるのでしょうかね?
まぁどちらでもよいことなのですが。笑

~普段の生活のなかで同じものを見ても、こころの持ちようで、

確かに印象は随分変わりますね。
ものも変化しているし、人も変化しています。。
毎日ちがう表情を見出して、新鮮な気持ちでいることがよいのかも知れませんね。


・・「不可能」だらけですかぁ?
昨夜のブログ冒頭は、妄想がついに現実になったかと思うくらい、
天下一品の妄想^^でしたよ~