春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

横浜の空模様

昨夜煌々と輝いていた下弦の月が、朝は西の空高くに
白いスタンプを押したように浮かんでいました。
空がきれいだなあと思います。

あの日の横浜の空は薄曇り。晴れているのにすっきりしない色なのです。
タクシーの運転手さんに聞いたら、
「すっきりするのは、横浜ではお正月だけだよ・・いつもスモッグがあるからね」
もしかしたら、そこに住んでいる人たちにはあたりまえの空色なのかもしれません。

私はいつも見慣れた、今日も仰いだ澄んだ空がとても愛おしくなりました。

みなとみらいからタクシーに、横浜駅へ、東横線に乗りたいのですと伝えると、
「ならすぐそこだけど、みなとみらい駅から乗るとよいよ。東横線の始発だから、
横浜から乗るより座れるしね。近すぎて悪いようだけど、僕も毎日東横線でみなとみらい駅を
使っているから。東横線て言ってくれて良かったよ。」 
降りるとき、「近すぎたね。10円はサービスしておくよ。」
仏頂面でこわ~い運転手さんもいるけれど、こんな運転手さんなら、
朝の気分が一気に爽やかになりました。

すこしの会話でも、いやされる時がありますね。そんな会話がよいなぁ。。
いえいえ、会話がなくても、寄り添うだけでいやされるのがもっとよいかも^^


  あいたくて
 だれかに あいたくて
 なにかに あいたくて
 生まれてきたー
 そんな気がするのだけれど

 それが だれなのか なになのか
 あえるのは いつなのかー

 おつかいの とちゅうで
 迷ってしまった子どもみたい
 とほうに くれている

 それでも 手のなかに
 みえないことづけを
 にぎりしめているような気がするから
 それを手わたさなくちゃ
 だから

 あいたくて
        ~くどうなおこ詩集〇より
[PR]
by withyoursong | 2011-11-16 10:20 | 交わり | Comments(4)
Commented by sola-1-sola at 2011-11-16 20:15
そうか、、横浜そんな感じでした?

東京でも澄み切ったあおぞらって時々はありますけどね。
昔、そう30年以上前の東京はまさにそんなでした。
光化学スモッグ警報がよく鳴っていたみたいです。
たまに親戚のいえに遊びに行くと、薄曇りのようなそらの中から燦々と太陽の日ざしが。
曇りなのに、、?って思っていると今日はいい天気って。

川も今なんか虫も魚も戻ってますけど、ぶくぶくの汚い泡立ってゴミが浮かんでいて臭いし、、、
良くここまで戻したと思う程なんですよね、、これでも。

くどうなおこさんの詩ステキですね。
怖い顔の分得をしているやさしい運転手さんに巡り会えるのもやさしいwithyoursongさんだからかもね。優しい人は優しい人が寄ってくる。
Commented by isleysh at 2011-11-17 06:49
おはようございます。
タクシーの運転手さんの話、すごく解ります。

僕も、酒場から決まって乗せていただくお父さんの運転手さんがいて、乗るたびに亡くなられた奥様の話とか、帰宅したら待ってるワンコの話とか聞かせてくれて、もう仲良しになってしまって
いつもそのお父さんを探して乗せてもらうんです 笑
それが嬉しいとおっしゃってくれて、すごく安くしてくれたり。
お返しにコンビニでお茶とおかき買ってお渡ししたり・・・。

今朝も清清しい気持ちで、一日を始められます!
ありがとうございます。
Commented by withyoursong at 2011-11-17 09:43
solaさん、おはようございます。
30年以上前の東京・・・そうだったのですか・・
そんな状況から回復させてきた人の知恵や心意気がよいですよね^^
横浜の朝は、工場の煙なんて目立っては見えないし、汚れているようにも感じなかったので、
港の水蒸気とか靄なのかなぁと思って聞いたのです。
夜景も、すごーく沢山の灯りがあるのは分かるのに、空気の層がが透明感なく、
もやもや~って曖昧な灯りに感じました。近くで見ると、ひとつひとつはものすごく綺麗なライトアップでしたよ^^

(たとえスモッグ)・・でもね、横浜の印象はすごーく良いのです。
それは、たまたま、ギターでたっぷりとうたったMoon Riverのメロディがお出迎えしてくれた(笑)ためかも知れないし、
やさしいコミュニケーションが出来るタクシーの運転手さんのためかも知れないし、
久しぶりに美味しいBlue Moonを飲んだためかも知れないけれど・・滞在したくなる街でした。
昼は港や丘を散歩して、夜は音楽にひたる♪~
あ~なんという贅沢^^
横浜に行きたいなぁ。。

’みえないことづけ’
わたしたちは なにをにぎっているのでしょうね^^
Commented by withyoursong at 2011-11-17 10:18
SHOGOさん、おはようございます^^
SHOGOさんのタクシーの’おとうさん’・・それに居酒屋の’おかあちゃん’笑・・とっても良さそうですね。

運転手さんの他にも、レジの方とか駅員さんとか、もちろん一人一人も含めて、
街は、人がつくっているのだなぁって、こんな時実感します。

大阪福島駅からダルブリガンテってイタリアンのお店に行くとき、
ガード下でタクシーに乗って行き先を告げたら、
運転手さんが一生懸命場所を探してくれて・・嬉しかったこともあります^^
良い方でした。SHOGOさんの’おとうさん’だったのかな?笑

それはそうと・笑笑 由紀さおりさんって~SHOGOさん、30代でしょう?  
老成してる~^^ 
こちら のホウ またいつでも遊びにお越しください^^