春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013京都

あらあら、また、今月が終わってしまいそう。。
遅くても月に1回は投稿したいと思っているので、先月に引き続き月末に駆け込みの投稿です;;

桜の葉も色付いてきて、秋の好天に恵まれ陽射しも心地よく、
不規則な生活が改善できていない割には今日もタフに元気で過ごせることに感謝しています。


さて、先日、京都を散策しましたので、思い出写真を少し。

 ♪ Raindrops on roses and whiskers on kittens,
 Bright copper kettles and warm woolen mittens,
 Brown paper packages tied up with strings,
 These are a few of my favorite things. ♪

おなじみ?かしら、『My Favorite Things』 の歌詞です♪
『私のお気に入り』という日本語タイトルのほうが馴染みがありますよね。

JR東海のCMで「そうだ 京都、行こう」のシリーズで、色々なアレンジのものがBGMで使われていて、
映像と音楽が素敵だな~と、TVから流れるたび、魅入っていました。

それからは、京都~というとこの曲が体のなかに自然と流れてくる感じで、
京都とこの曲が私の中で一体化してしまっています^^♪単純。。

この曲はミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』で歌われ、色々なミュージシャンがカバーしています。
歌詞は、あれこれ好きなものを列挙したあと、
「悲しいときだって、好きなものたちを思い出せば辛くない」と締めくくります。

人それぞれのお気に入りがあって、それで気分が良くなれば、しめたもの☆
自分にとって好きなもの・・気持ちがよくなるものって、やっぱりありますもの。。


まず、この曲とともに夏に過ごした京都は・・・こちら、

全国の「お稲荷さん」の総本宮 伏見稲荷大社です。


b0232400_11361825.jpg

















そのCMで何回も見たので、この朱塗りの鳥居は一度行ってみたかったところです。
京都駅からJR奈良線に乗って12分、
伏見稲荷駅で降りるとすぐに大きな狐が守る伏見稲荷大社の入り口でした。とても便利^^。
敷地が広く、どんどん歩いていくと、鳥居が二手に分かれるところがありました。
そちらでも写真に撮りましたが、どうしても人が入ってしまいました。
どちらから通ってもよいそうで、出口も並んでいます。
整然と並んだ鳥居は、裏側からみると、奉納した人の名前や、企業の名前が書かれています。
祈願やお礼にと、江戸時代から奉納する習慣が続き、約1万の鳥居があるそうです。

b0232400_11383241.jpg

















4Kmあるというお山巡りはせず、途中で引き返しました。いつか、また。。
この頃は気温が40度に達するような毎日で、ホテルの入り口に朝飾られる1m程の氷のオブジェは、
夕方には30cm程に・・。
各地で軒並み過去の最高気温を更新した年でしたが、元気で乗り越えられて、
猛暑に免疫がついたかも知れません^^。


そして、先日は祇園周辺と建仁寺を歩いてきました。
b0232400_11295063.jpg
b0232400_1130049.jpgb0232400_11303784.jpg



























































建仁寺本坊受付のすぐのお部屋に突然「風神雷神図屏風」がありました。
これは、俵屋宗達画を友禅染で模したものとのこと。
色彩がとても豊かです。(写真ではくすんでいますが、金色は見惚れる程キラキラしていました)
その隣の立派な書は金澤翔子さんが2009年に奉納されたものです。
風神雷神の勢いがそのままに伝わってくる迫力ある書でした。

建仁時は、栄西禅師の開山800年記念行事(来年)に合わせ、
「風神雷神図屏風」「雲龍図」「竹林七賢図」などを”高精細デジタル複製”で複製されていて、
素人目には原本か複製か、全然分かりません。
同時に見比べたら、分かるのかしら??


b0232400_113331.jpgb0232400_11333648.jpg







































こちらは2002年に完成した法堂の天井画「双龍図」です。11.4m×15.7mでとても大きい。
小泉淳作画伯作で、800年という歴史あるお寺に現代の絵師が描いた絵は、
また何百年もの歳月を守られて、未来の人達が見上げるのだろうな・・と、
選ばれ、残されていくものの崇高な存在感を感じていました。
(立ち位置によって龍の表情が変わりました。体のくねりが凄~い。)


b0232400_1221164.jpg





















本坊の書院に面した中庭は手入れの整った潮音庭というお庭で、緑が美しかったです。
紅葉の頃も素敵でしょうね♪

京都の知識もあまりありませんが、機会あるごとに少しずつ味わっていきたいと思います☆


10月の1ヵ月も無事に終わりそうです。
明日からは11月・・私の体内時計より、暦の方が断然速くて、
もう少し、何事も速く行いたいと日々反省中。。。

少しずつでも、改善していけますように。。

11月も、穏やかに過ごせますように☆
[PR]
by withyoursong | 2013-10-31 12:18 | いろいろ | Comments(11)