春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

鍛えています

こんにちは。
ご無沙汰してしまいました。
夏はなかなかパソコンに向き合えません。

さて、今夏は、北アルプス奥穂高岳へ登山の予定を立てています。
ちなみに昨年は南アルプス北岳、一昨年は北アルプス槍ヶ岳、立山大汝山へ登っています。

毎年登山の数週間前から、坂道を繰り返し登ったり、エアロバイクで体を鍛えます。
少しの運動でも呼吸が乱れてしまうのですが、
軟弱な体と心を鍛えるのには単調で忍耐力を養うこんなトレーニングが必須です。
b0232400_1024685.jpg

          (スマートフォンの画像を小さく表示する方法がまだ分からず・・巨大な写真ですみません)
階段は下から数えると228段ありました。
階段から上ったり、坂道から上ったりを繰り返し5回。
1回でも辛い私は、精神力を頼みに上り、鍛えていきます。
実際の山で体力不足では困りますので;

上に着く頃夕風がすーっと吹いてくれると、生き返る心地がします^^。
優しく吹く風はなんともありがたく思います。
決めていたトレーニングが終わるととても爽快感があり、
登山のためではなく、年間を通してこんな時間を持てたらなぁと思います。(なかなか続きません;)

自分が限界だと思ってからも、必死で頑張り抜けば何とか目標に辿りつくことが出来ると、
私にとってのこれまでの過酷な登山が教えてくれています。
本当に、山登りでは毎回「もうだめ、でも、登るしかない。」と
力を出し尽くして1歩1歩前へ進むのです。。
そして、やる気を持ち続ければ、自分の思っている限界を突き抜けることができます。
本当にもう限界だと思ってからも必死で進んでいる自分を振り返ると、
あらゆることは、思っている以上に可能性を持っているような気がします。

この階段を上がると素敵な景色が待ってくれています☆
b0232400_10135492.jpg
b0232400_10142941.jpg
b0232400_10144336.jpg
b0232400_10151257.jpg



前回の投稿から、もう10日も経ってしまい、7月が終わろうとしています。
あれから父の状態は落ち着き、今日は在宅酸素を携えて自宅に戻ります。
一時は退院など考えられない状態だったので、’また’「おまけの人生」を楽しんでくれるでしょう。
逆に祖父は容態悪化しその後入院しています。
美味しい葡萄の季節にこのような状態であることは、
まるで西行のさくらの歌のようでもあり、葡萄とともに生きてきた祖父らしいと思います。


7月にあったあれこれも、また少しずつ記録していきます・・・。
今日も猛暑日です。
お体を大切にお過ごしください。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-31 11:17 | いろいろ | Comments(2)

夕暮れ時

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by withyoursong | 2012-07-20 10:37 |

祖父の葡萄畑にて

b0232400_11194713.jpg

母方の祖父はいつも口数が少なく、
でも、ニコニコな笑顔で周りをほっとさせてくれます。

春から余命を告げられ体調は全く思わしくないのですが、
祖父を囲んで皆で話をしているのをずーっとニコニコしながら聞いてくれていました。

「今年も沢山葡萄を作って送るから」
と言ってくれていた早春に病気が見つかり、それから祖父の葡萄畑は縮小し、
叔母が一人で維持していけるだけの規模にしたそうです。
b0232400_11212363.jpg

家の庭先の棚だけは維持したいと、叔母が熱心に毎日手入れをしているようです。
フロントガラスに映った空と葡萄棚が印象的でした☆

普段見慣れない光景には子供たちも私も・・夫まで(笑)喜びました。

これらのまだ緑色の葡萄は、実は色々な種類の葡萄の木から伸びているので、
色付いてくると赤や紫や薄紫や黄緑など、時期に応じてカラフルです。


食欲の無い祖父には今年しっかり葡萄を食べてもらいたいなぁ。。と願いながら、
帰りの時には叔母と私はどうしても涙がにじんでしまいました。

祖父は痩せた身体で、相変わらずの優しい笑顔で手を振って私達を見送ってくれました。


いつも優しい笑顔で見守ってくれていてありがとうと、
    心の声は届いているでしょうか。


この葡萄棚がいつまでも続きますように。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-19 12:09 | 葡萄 | Comments(2)

あじさいと葡萄

父と母の庭にはまだアジサイが咲いていました☆
見かけと違って暑さにも強いのよって言っているみたいです。
b0232400_108723.jpg

b0232400_1054943.jpg
b0232400_107783.jpg

そして、車庫の上の葡萄棚では、父が好きな’甲州’という葡萄がまだ緑色の姿で、
周りの温度を少し下げてくれているようでした。


葡萄棚も父の帰りを待っているでしょうか。
父の状態が少しでも良くなりますように。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-19 11:52 | 葡萄 | Comments(2)

父の病室から

山梨の父を見舞って参りました。
聞かされていたデータから想像するよりも声に張りがあり、少しだけ安心しましたが、
あちらこちらの臓器が悲鳴をあげている状況は続いています。


人の手を借りないと動けない父のベッドからは南アルプスを遠景に望むことができます。
そしてこの日は雨後の空が美しく、何枚もの絵のように
表情をかえて父を励ましてくれているようでした。

b0232400_12181914.jpg
b0232400_12184758.jpg
b0232400_12191056.jpg


こんな素敵な空を見ることが出来るのだから、
今は、生きる気力や喜びを失わないで欲しい・・
私達のそんな想いは通じたのでしょうか。

梅雨明けのこの時期、ここ和歌山も
夕方からの空模様が息をのむほどに美しい日が続いています。

もしも願いが叶うのならば・・空よ、病床の父を慰めてください。

   そして看病で不安になっている母のことも。。  お願いします。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-18 17:41 | | Comments(0)

ツマグロヒョウモン (♀) 美しい表翅

蝶とのひと時・・
蝶を見るとそのしなやかさと自由さに、私もそうありたいと思いつつ、
ひらひらと掴みどころが無い蝶の舞いに逆に翻弄され、憧れだけが増したりします。
b0232400_14513212.jpg

そして思い出すのは荘子の「胡蝶の夢」
~自分の夢で蝶となったのか、蝶の夢の中で自分になっているのか~
b0232400_1455388.jpg

この日は風がとても強かったので、風に耐える間のほんの少しの間だけ、
美しい蝶と向き合うことが出来て、とても嬉しかった。
ツマグロヒョウモンを間近に見たのは初めてかも知れません。
出会いも別れも夢のようなひと時で、記憶の中で美しいままです。
b0232400_1502618.jpg


大概の生物はオスのほうが美しいと思いますが、
蝶の図鑑でもオスのほうが綺麗な翅を持つものが多いのですね。
でもこの蝶はメスのほうが美しくて、同性(^^)として、嬉しくなってしまいました。

表翅と裏翅の彩の違いは種を守るための知恵が含まれているのかも知れないなぁと
勝手に想像しながら、この子の無事を祈りました。



そして、また会えますように。。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-13 17:05 | | Comments(2)

ツマグロヒョウモン (♀) かしら

7月11日朝・・
庭の花に水をあげに行ったら、どこからか蝶がふわりふわりと飛んできました。
とても風が強い日で、
蝶はすぐに、マンサクの枝に必死でしがみつきました。
b0232400_1748141.jpg


b0232400_17482538.jpg

この枝は風でビュービューと横揺れしています。

余り揺れないようにそうっと枝の先を持ちました。
蝶も私も風に耐えながらですが、
黄色い模様のある目と、オレンジ色に光るような触覚の先端を
間近に見ることが出来ました☆

この写真はデジカメで、スマートフォンでは広げた表翅を撮影出来ました☆

蝶はバランスを取るためでしょうか、時々その綺麗な翅を広げてくれたのです。
美しい翅を見ることが出来、とても嬉しくて・・
揺れる枝に乗る蝶をスマホで追うように撮りました。

次回はスマホの写真を載せますね。

写真のテクニックは全くありませんが、
蝶の裏翅と表翅の模様の違いに見入ってしまいました☆

b0232400_4474855.jpg

一つの個体なのに裏と表の模様が異なって、
しかもそれぞれ目が覚めるように鮮やかな色で神秘的です。

去っていくとき風に煽られながらひらりひらりと上空を何回も回って、
山のほうに見えなくなってしまいました。

あんなに薄い翅で強風の中も舞っていけるのですね・・

鳥のようにまっすぐ大きく飛ぶのも憧れますが、
蝶のようにひらりひらりと夢のように舞うのも憧れて・・


あの日ひらひらと風に流されるように舞っていった蝶が
その後の大雨の中、
どのように生きているのかとても心配です。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-13 09:32 | | Comments(4)

ボサノヴァでゆらゆらり

小野リサさんのライヴに行ってきました♪
b0232400_16502180.jpg

スタッフの方がステージの前列正面に案内してくれて、あまりの至近距離にドキドキしてしまいました;
b0232400_16505126.jpg


CDで聴いているよりもさらに、脱力した感じの歌とギター・・
ダニエル・ジョビンさんのピアノも、鍵盤をソフトタッチするだけの軽~い弾き方、そして歌でした。
(↑『イパネマの娘』や『おいしい水』、『デザフィナード』を作曲されたアントニオ・カルロス・ジョビンさんのお孫さん)

b0232400_16521092.jpg


ボサノヴァって、こんな風に力を抜きながら音楽を楽しむものだったんだなぁと、
リサさんを間近にゆらゆらりと揺れていました♪
     
声はささやき声と思える程。
リサさんがもの凄く落ち着いて静かで、CDよりも少し物憂げで、
黄昏の時間が似合いそうです。

b0232400_16535430.jpg

大好きな『Angel's Eyes』は聴けませんでしたが、
音楽のある夜は良いです♪  
囁くようなポルトガル語が優し~く響いて、身体も心もほどけていきます☆




大阪からの帰り道、月が工業地帯や港の夜景、マンションの上にとても美しく映えていて、
でも、自宅に近付くにつれ裏の山に隠されていくので、
昇っていく月なのにまるで沈んでいくように見えました。
不思議な感じ^^。






今日はこちらも雨と風が強いです。
「これまでに経験したことのないような大雨になっている」(気象庁)という
熊本・大分の方々には今後も十分にご注意くださいね。
どうぞこれ以上の被害がありませんように。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-12 17:16 | 音楽♪ | Comments(0)

幸せになる秘訣は

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by withyoursong | 2012-07-10 10:24 |

あら川の桃 2

あら川の桃 第2弾・・8日にいただきました。感謝です☆
b0232400_1034087.jpg

箱の中でお行儀良く整列していますね。
b0232400_10342518.jpg


このほんわりと産毛に囲まれた優しいピンク色を見ていると
つい顔がほころんでしまいます。
早速いただきましたが、少し固めであっさりしたお味でした。


同じ産地でも、生産農家さんによって、また収穫時期や、
1本の木でも ’どこ’ に生っているかで、味が違いますよね。

ひと玉の内でも部分によって味が変わるくらいですから、
繊細な果物です。

味や食感の好みもまちまちなことを考えると、
気に入った桃を作られる農家さんと懇意になっていくのが、
好みの桃をいただく近道でしょうね。



                  ~何度も桃写真ですみません。大好きな桃たちの記録をさせてくださいね~ 



昨日見たひこうき雲  飛行機はもうはるか遠くへ
b0232400_10554295.jpg

行ってらっしゃい☆私は待っています。



良い1日になりますように。

















     
[PR]
by withyoursong | 2012-07-09 11:07 | | Comments(2)