春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新緑

今朝は息子を学校へ送った帰りの河川敷でいつものアオサギをビデオに撮ってきました^^!
車を停めてちょっと変な人に見られたかな・・
最初は車の中から、座っているアオサギを撮り、次に窓を開けて撮りだしたら、一声発しながら
ぐるっと弧を描いて飛んで行ってしまいました。
座ってうつらうつらしている仙人のようなゆったりした感じと羽を広げて悠々と舞う雄雄しい感じのイメージの差異がなんとも興味深い鳥です。

カメラやビデオに撮りたいと思うシーンも、人目を気にするとなかなか撮影できません。
街中の写真やお店の写真等、みなさんどんな風に撮ってらっしゃるのでしょう。

日に日に新緑が濃さを増していき、撮りたいところですが、
デジカメは今、娘が修学旅行に持って行っています。
高校2年で就学旅行です。
中高一貫校で、中1の時から毎年3泊4日程度の研修?旅行に行っていて、
今回7日間のこの旅行が最後の旅行です。
今日はソウルに向かっていることでしょう。
北朝鮮と韓国が切迫している折、つい心配になってしまいますが、元気に帰ってきてくれるはずです。
何でも例年の修学旅行では境界線を見学してくるので・・;;

デジカメが手元にないので手元に置いたSDカードの中から・・
20日小雨の降る日の写真です。
山の新緑は霧雨のような雨にそれぞれの緑色を艶やかに輝かせていました。
この季節新しい葉が次々と芽吹き、春の山からもこもこ・・ぐんぐんという声が聞こえてきそうです。
庭の樹々もそんな生命力を湛えています☆曇り空の下で。

この木に花が咲くのはいつかしら・・楽しみにしています。ほぼ定点観察^^。
今日25日はさくらんぼのように下を向いた蕾が見えていました。
b0232400_11315382.jpg

こちらも楽しみ♪くすぐったそうな綿のような白い花が咲きます。
b0232400_1133782.jpg

この子はだあれ?
b0232400_11403282.jpg
b0232400_114638.jpg

雫を支えて健気な白
b0232400_11481490.jpg
・・さてさて、ピアノの練習と送別会に行ってまいります!

良い1日をお過ごしください☆
[PR]
by withyoursong | 2012-04-25 11:52 | | Comments(2)

桃の花まつり

帰省した時は笛吹市桃の花まつり開催期間中でしたので、
大文字焼きや笈形焼きなどが大きく山肌に点灯されていました。
どんな意味が込められているのでしょう。
夕食の時は、その日ホテルで結婚式を挙げられた新郎新婦の祝賀の花火を窓越しに見ることができ、
朝の始まりは花まつりの祝砲が晴れ晴れしくあちらこちらから聞こえてきました。

夜景を写している時にはホテルの方が、ここが”新日本三大夜景”に選ばれたと教えてくれました。
夜景といえば昔は長崎・神戸・函館に憧れました。
新・・・は、ここ山梨市笛吹川フルーツ公園と奈良市若草山・北九州市皿倉山・・だそうです。
こちらからの夜景は山や農地の暗闇の中に盆地の色々な灯りの色がカラフルに輝きます。
巻貝のような形の丸い温室の灯りはそれだけ見ていると未来都市のようです。
でも・・上手に撮れませんでした。。
この日は到着が夜でしたが、富士山が夕焼け色に染まる頃からの色の変化もまたいつか見てみたいです。
b0232400_15362355.jpg
b0232400_1549750.jpg

お祭りの日のふるさとの神社ですー桜の花と
お祭りは地元では’おみゆきさん’と言います。
当番の大勢の男性が女形になり赤や桃色の浴衣を着て御輿を担ぐ様子が元気で華やかで楽しいです。
御輿は朝早く神社を出発し、甲府や竜王の方を巡り日が沈んでから戻ってきます。
当番はオリンピックのように各地域4年に1度回ってくるのですよ^^♪
b0232400_15385575.jpg

ふるさとの桃の花を貰ってきました。~このピンク色の花は桃の実のなる桃の木の花です。
町を彩る桃の花は大部分がこの花です。
b0232400_1541174.jpg

大切なものをかくまっていそうな可愛らしい蕾にキュン!
b0232400_15432687.jpg


自宅に帰って来てから度々思うのは、桃の花の咲く広々とした風景にも増して、
桃の花の下の肥沃そうな土や、そこに自然に生えるタンポポやレンゲやセリやノビルのような、
いつも生活の足元にあった土臭さに愛おしさを感じているということです。
桃畑の間を通る狭い土の道を思う存分歩きたかった。

その光景は懐かしいけれどとても身近にあった日常の光景なので、折角その機会を得たのに
通り過ぎてしまいました。今となってはかなり残念です。
今度何年後に桃の花の咲く故郷に帰省できるか分かりませんが、
あの花の下、土のある景色はそれまでのお預けです・・。

故郷に住んだ歳月と故郷以外に住んだ歳月が今丁度同じ長さです。
私の祖母が遠出をする時によく言っていた「いずこも同じだねぇ」・・
どこにいても、一番日常に近い生活の場面が自分を支える拠り所のようなものになっていくのかな・・
と思いました。
これからは故郷で過ごした歳月をこちらでの生活が上回っていきます・・・。
故郷はもちろん良い想い出ばかりが詰まっているわけではありません。
しかし確かに私を育ててくれた大切なところです。

「遠くにありて思うもの・・」
遠くにいるから余計に愛おしいのでしょうか。

皆さんの大切な故郷にも思いを馳せつつ・・・

・・・故郷の話をする時・・故郷を離れざるを得ない福島の方々のことを想います。
どうか故郷が心の中で生きる力を与えてくれますように。。。

今日もお元気にお過ごしください。
[PR]
by withyoursong | 2012-04-20 11:16 | | Comments(2)

花の香り

日曜日の朝、ホテルの窓のカーテンを開けると、白く雪を被った富士山がありました。
町は桜色と桃色に薄っすら染められて久し振りの花の季節の故郷に嬉しく思いました。
富士山の見えている方向の扇状地が私のふるさとです。←山が間にあるのでそこから富士山は見えません。
b0232400_14172473.jpg

桃の花のピンク色のジュータンを見る大好きな場所はまだ花が咲いていませんでした。
標高の高いところの桃の花が咲く時、町は全体に濃い桃色に染まります。
家族や親類と花の見学に廻ったので、確認してみると、ほとんどが人物の入った写真になっていました。
ブログに載せられませんね;
b0232400_14262461.jpg

花桃
b0232400_14342152.jpg
b0232400_14344859.jpg

桜は満開でした☆
b0232400_14353914.jpg

菜の花畑は元気な黄色でした。菜の花の香りが満ちています。
b0232400_14404069.jpg

昨夜、もらってきた桃の花を花瓶に挿すとき、ふわふわと桃の花の香りに包まれました。
嬉しくて、しばらく手に残った香りを愉しみました。

・・また忙しい日々になっていますので、皆様のブログへご挨拶に伺えなくて残念です。
”エア・レター”届いていますか?・・心のお手紙♪

元気に過ごしましょうね^^!
[PR]
by withyoursong | 2012-04-16 14:51 | | Comments(4)

変化を見つめる

昨夜は・・・セミナーへ参加。
滞りなく行われているように見える運営も、実は懸命の模索と改革が実践されていることを実感しました。
より良い方策を探して変化し続けることは、のんびり屋な私には時に息の詰まることですが、
庭の草木をふと見ると、同じように見えても毎日毎日成長しているので、
すべては進みながら変わっていくのだなぁ、と教えてもらえます。

オリーブ
b0232400_10285428.jpg

まんさく
b0232400_10311358.jpg


 桜の花びらがここかしこに舞っています。

  この場所で嵐見送れば
  時の流れに埋ずもれてしまう
  薄紅が なんて優しいの
  拾い集める人もいないのに (荒井 由実 花紀行より)

週末は念願の故郷の桃の花を見に行きます。
故郷には時々帰省しますが、桃の花の咲く季節は10年以上前になります。
春らしいのどかな日和になりますように。

皆さまもどうぞ素敵な週末をお過ごしください。









  
[PR]
by withyoursong | 2012-04-13 10:49 | | Comments(2)

春の陽の庭で

昨日は雨風がゴーーっと音を立てて樹木を揺らしていました。
それでもすべての桜の花びらが散ることはなく、山はまだ薄っすらとピンクがかっています。

今日はうららかな春の日です。
木々の若葉の色に光が透けて、爽やかな陽気に何とはなしにワクワクしてきます・・
明るい草木の活力を感じると、自然とやる気が出てきます。
 エゴの木 今年も新緑をまとってくれています。
        サクランボが下を向いて実るような姿の白い可憐な花を咲かせます。
b0232400_1145412.jpg

    一昨年の球根から元気に咲いてくれたチューリップ・・光の中、生命力を感じました。
b0232400_1184156.jpg


昨夜はピアノのレッスン日でした。発表会は月末!
もっともっと練習しないと他の方のお耳に入れる訳にはいきません;;
私のピアノが上達してもしなくても何も変わりはありませんが・・
その1回の演奏に向かって謙虚にひたむきに仕上げていきたいと思います。
誰かに語りかけるようなピアノを弾きたいと思うのです。。

昨夜は無理を言って先生の演奏を聴かせていただけて、とても高い目標が出来ました♪♪♪

春の佳き日、喜びの多い日でありますように。
[PR]
by withyoursong | 2012-04-12 11:28 | | Comments(2)

花びらが空に地に

明るい日差しの下、桜を観たいと思っていましたが、こんなに近いのに叶わず、
昨日も夕暮れから暗くなっていく時間に桜のお寺に上りました。
今日の風雨は控え目ですが満開を過ぎた桜は我先にと花びらを舞わせているようです。

先ほど近所の画家さんが、今朝画家さんの家の前の池が桜の花びらでピンク色に染まったと
写真を持ってきてくださいました。
「花筏」と表現された、池を覆う花びらが美しい写真です。
散ったあとも池や地面を彩る桜に逞しささへ感じるような明るい写真でした。

見る間に桜は散っていくけれど、7日と10日の桜をここに留めます。

桜とHARU
b0232400_11231651.jpg

花のトンネル
b0232400_11245567.jpg

桜を撮る(娘)
b0232400_11261860.jpg

海を見る
b0232400_11274596.jpg

HARUとお友達
b0232400_1128382.jpg

ひとつが終わりまた新しい時が始まります
b0232400_11315035.jpg


昨日は公立小学校の入学式でした。
和服姿で子供の手を引かれている方をお見かけしこちらも背筋が伸び、
気持ちが引き締まる思いがしました。
着物の文化を私も取り入れたいと再確認しました。
桜咲く小学校、雨にもならず、桜は少し花びらを散らす風雅な日で何よりでした。

小学校入学時の桜の記憶が、はっきりと桜を意識した最初の記憶かも知れません。
そして中学校・・
小学校の卒業式でメソメソ泣いていましたが、中学校の桜の花が両手を広げて歓迎してくれました。

桜の花の原風景が、新学期という切り替え時にあるからか、
桜の花にはつい出会いや別れを投影してしまうような気がします。

西行が愛した桜の花・・・
願わくば・・・・・・・

実家のワンちゃんは先日桜の開花を待つように永遠の眠りにつきました。。。

花期が短く、儚げで美しい桜をみると、
過去の輝いた時と失った時の記憶や想いが無意識に揺さぶられるのかも知れません。
卒業や出会いはこの桜の時でした。
切ない気持ちが強い分、一時満開に咲く桜に恋するのでしょうか。

そうして、また新しい一歩を踏み出します。

桜前線は今どの辺りを北上しているのでしょうか。

よい日でありますように。
[PR]
by withyoursong | 2012-04-11 12:20 | | Comments(2)

花を愛でる時空

ご無沙汰しておりました。
投稿をお休みしてから10日目です。
仕事のこと、プライベートのことに忙しくなっていて、PCの前に座るのも久し振りです。
お休み中にも訪問して下さる方がいる事を携帯の数字で確認する時、
少しでも気にかけて下さってとても嬉しく思っていました。
無言の励ましをいただいているようで・・ありがとうございました。
このPCの小さな窓で共に励まし合える方がいる限り、この窓に戻りたいな~と思っていました。
のんびりのんびり☆

4日には裏の山では満開の発表がありました。80%咲くと発表になるそうです。
山にほんのり頬紅を振ったようにところどころが桜色です。
b0232400_10545724.jpg

6日大阪で見上げた桜。整然と並ぶ無機質なビルの谷間で桜が声援を送るように咲いていました。
b0232400_10564636.jpg


家の前の路地からです。正面右の大樹は楠でしょうか。堂々と大きくて見上げるとほっとします。
b0232400_1058474.jpg

夜桜
b0232400_1115020.jpg

b0232400_11145618.jpg

240段を越す階段を上ります。
b0232400_11115532.jpg

山の麓に住んで10年、毎年ここの桜を見て鳥の鳴き声を聴いて1年が落ち着く感じです。
b0232400_11182815.jpg

標本木。余程古い木なのか幹に空洞ができ補修されています。
開花の時期を知らせる時にはマスコミの取材陣に囲まれていました。
b0232400_11223653.jpg

HARUちゃんは4年前の桜の時季に宮崎県から我が家にやってきました。
まだ予防接種が終わっていなかったので、その時は抱っこで桜を見ました。
桜を見ているの?
b0232400_1128753.jpg
b0232400_11283352.jpg

まんさくも咲きました。
b0232400_11292526.jpg

今朝も鳥の鳴き声で目が覚めました。
どんなことを言っているのかしら。想像するだけでも愉しいです。

桜の時には与謝野晶子のこの歌が想い出されます。
 清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢う人 みなうつくしき

夜桜を見ていた人たちは少し頬を上気させ、満開の桜に桜色に染められているようでした。

明日は花散らしの雨のようです。桜色の景色にそろそろお別れ。。。

旅の芭蕉はこの景色に間に合わなかったようですよ・・「見あぐれば 桜しもうて 紀三井寺」

今日も明日もお元気で☆
[PR]
by withyoursong | 2012-04-10 12:09 | | Comments(2)