春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽♪( 15 )

3月末・・渡辺貞夫さん♪

もう5月が終わるというのに、3月末の写真(スマホ)です;;

渡辺貞夫さんのライブを拝聴しましたが、御年80才と思えないキュートな印象と音楽性に、
年なんて、全然関係ないんだなぁと、実感した夜でした。
夢中に何かに取り組んでいる方は、あまり老化しないのかも知れませんね☆

早く咲いた東京の桜は3月の終わりにはもうほとんどが花びらを落としていました。
そんな中、翌日、交差点で止まったタクシーの中から、
解体工事中の赤坂プリンスホテルと桜の花を見ることができて、慌てて写真に収めました。

「テコレップシステム」(逆戻し再生工法)という新しい解体方法では、
建物が静かにフェードアウトしていくようで、綺麗な姿のままお別れができますね。
5月、もう最期のジャッキダウンが完了したということで、消えた後はまた新しいビルが建設されるようです。

震災の後には避難所として被災者を受け入れ活躍していましたね。
個人的にも想い出のあるこのホテルに、桜の咲く日にお別れができて、私にとって貴重な1枚となりました。

b0232400_11533517.jpgb0232400_11543894.jpgb0232400_11555793.jpg

b0232400_1204239.jpg



























































今日も良い1日となりますように☆
[PR]
by withyoursong | 2013-05-30 12:08 | 音楽♪ | Comments(6)

ディナーショー♪

松田聖子さんのクリスマスディナーショーへ行ってきました♪
スリムで、動きが軽やかで、衣装を変えるたびお人形のように完成された姿。
歌の巧さと立ち居振る舞いの堂々とした美しさに刺激を受けました。
もう〇〇才だから・・・なんて、年齢で言い訳しないで、私も努力しよう!と勇気をもらえます^^。
スキップする後姿は、溌剌とした少女のようでした。タイトな黒のドレスの後ろ姿はとてもセクシー。
後姿が美しくありたいと、再認識しました。

b0232400_11252361.jpgb0232400_11262265.jpgb0232400_11271111.jpgb0232400_1128662.jpgb0232400_11294877.jpg


ショーの写真は撮れませんので、ホテルの写真を想い出に☆























ホテルに着いたとき、このロビーと、ロビーの吹き抜けを囲うように各フロアーに合唱の方々が立ち、
クリスマスゴスペルコンサートをされていました。
近くから遠くからの歌声の重なりが、海の波のよう。
クリスマスソングを歌う声が反響して、歌声のゆりかごのなかにいるみたいでした。

























カクテルとキャンドルの間に見えるのは、大阪城です。

素敵な1日に感謝をしました。
[PR]
by withyoursong | 2012-12-25 12:04 | 音楽♪ | Comments(0)

日野皓正さん♪

高校生の頃、ジャズが好きな友達のお父さんが、
ジャズトランペッター日野皓正さんのコンサートに行くと聞いて、
私もいつか行ってみたいなぁと憧れていました。

ついに、和歌山にあるライブハウスで、至近距離で聴くことができました。
かつてのMt.Fuji Jazz Festival にも出演されていたそうで、夫はそんな話もしていましたが、
私にとっては今回、非常に近くで拝聴拝見する日野さんのインパクトに圧倒されました。

10月には70歳となる日野さんは、父と同い年です。
そんなお年には思えないほどの肺活量とエネルギーです☆

日野さんのようなパワーの持ち主にお会いすると、
私ももっともっと頑張れるような気がしてきます。

ライブでは谷川俊太郎さんの詩の朗読をされながらの
音楽詩も披露してくれて新しいことにチャレンジする姿が格好良かったです。

絵も描かれている日野さん、サインのトランペットも粋にサラサラと。
b0232400_1195788.jpg

b0232400_11113135.jpg

                              こんなのも^^。



体全部がしなる楽器のように、全身でアグレッシブに音楽を創っていらっしゃって
進み続ける人の強さを感じました。
いつまでも現役で活躍して欲しいです☆

   


         ~日野皓正クインテットatデサフィナード
         日野皓正・石井彰・田中徳崇・須川崇志・日野JINO賢二~


昨日は私のピアノのレッスン日でした。
終わる頃先生が、葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」をアンサンブルしましょうと提案してくださいました。
暑さが厳しいほど情熱が強くなってしまうようなこの季節から
「情熱大陸」を始められて、とても嬉しいです♪
情熱をぶつけられます^^♪


うっとりするほど素敵な 夏の空に感謝しながら。。















































    
[PR]
by withyoursong | 2012-08-02 12:25 | 音楽♪ | Comments(0)

ボサノヴァでゆらゆらり

小野リサさんのライヴに行ってきました♪
b0232400_16502180.jpg

スタッフの方がステージの前列正面に案内してくれて、あまりの至近距離にドキドキしてしまいました;
b0232400_16505126.jpg


CDで聴いているよりもさらに、脱力した感じの歌とギター・・
ダニエル・ジョビンさんのピアノも、鍵盤をソフトタッチするだけの軽~い弾き方、そして歌でした。
(↑『イパネマの娘』や『おいしい水』、『デザフィナード』を作曲されたアントニオ・カルロス・ジョビンさんのお孫さん)

b0232400_16521092.jpg


ボサノヴァって、こんな風に力を抜きながら音楽を楽しむものだったんだなぁと、
リサさんを間近にゆらゆらりと揺れていました♪
     
声はささやき声と思える程。
リサさんがもの凄く落ち着いて静かで、CDよりも少し物憂げで、
黄昏の時間が似合いそうです。

b0232400_16535430.jpg

大好きな『Angel's Eyes』は聴けませんでしたが、
音楽のある夜は良いです♪  
囁くようなポルトガル語が優し~く響いて、身体も心もほどけていきます☆




大阪からの帰り道、月が工業地帯や港の夜景、マンションの上にとても美しく映えていて、
でも、自宅に近付くにつれ裏の山に隠されていくので、
昇っていく月なのにまるで沈んでいくように見えました。
不思議な感じ^^。






今日はこちらも雨と風が強いです。
「これまでに経験したことのないような大雨になっている」(気象庁)という
熊本・大分の方々には今後も十分にご注意くださいね。
どうぞこれ以上の被害がありませんように。
[PR]
by withyoursong | 2012-07-12 17:16 | 音楽♪ | Comments(0)

コンサート♪

メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ単調 作品64♪
三大ヴァイオリン協奏曲とも言われる有名なこの曲。
とても情緒的な旋律ですよね。
ヴァイオリンが奏でる長ーーく続きながら変化する音に吸い込まれました。
生で、こんなに近くでこのヴァイオリン協奏曲を聴くのは初めてだと思います。
目の前で次々と出現するソリストの技巧に目と耳が釘付けでした。
そして、オーケストラのpppの音色がとてもやわらかく、
CDやYouTubeでは聞き取れない音が溢れていました☆
♪♪
b0232400_1111857.jpg
♪♪
b0232400_119379.jpg

ステージの方々の音楽への愛情を感じます。
クラッシックに限りませんが、やっぱり音楽のある暮らしが好きです。
テクニックや情熱を維持し、深めていく方たちのずーっとずーっと後ろで良いので、
音楽を続けていたいと思いました♪

コンサートの後はワインバーやライブハウスを梯子して、久し振りに夜の街を満喫しました。
平日の夜は人出が少ないので、オーナーたちのお話も聞けて楽しい夜となり大満足です^^☆

先ほど草取りをしながら日差しと日焼けが気になりました。
もっとしっかりガードしてから庭に出るべきでした;
昨日からオリーブの幹にたかっているカミキリムシは今日もほぼ同じところにいます。
定住するつもりかしら?
b0232400_11193961.jpg


良い1日となりますように♪♪
[PR]
by withyoursong | 2012-05-24 11:51 | 音楽♪ | Comments(0)

花籠

買い物帰りに手軽に買ってくるお花は、花が長持ちするという液を水に加えることで、
以前よりも長く姿を保ってくれるようになりました。

少しずつ買い足すと、種類の違う花たちが花籠でおどけているようになります。
こんな花籠を見ていると、娘がずっと前にピアノで弾いていた
ジャック・イベールの「水晶の花籠」のメロディが頭の中で鳴り響きます♪
(皆さんのように、リンクを貼れたらよいのですが・・・技術不足ですみません・・。)
b0232400_1037507.jpg

「春の歌~桃花のジュータン」は、ブログを開設する時に咄嗟につけた名前で、
私の好きなものを思い浮かべてつけました。
今年は何年ぶりかに、その桃の花の時季に故郷の景色を見に帰れそうで、今から楽しみです。
15日にはお御幸祭りというお祭りがあり、男の人達がピンクや赤の花柄の浴衣を着てお化粧し、^^
お神輿を担いで賑わいます。お祭り、以前と一緒かなぁ。。
故郷へは時々帰省しますが、桃の花や葡萄の時季に帰省するのは本当に心躍ります。
4月・・例年なら10日頃が花の盛りです。少し遅れてくれたら・・^^;
悲しいことは、父と、母方の祖父と、実家のマルチーズが余命を告げられているので、
今回は短い滞在ですが、気持ちを伝え、想い出に残る同じ経験を共有してきたいと思っています。

そう、あと一つのタイトル「春の歌」は、
春が奏でるメロディは温かく優しく人を包み込む感じかな~とつけています。
私から見たら、桃の花も歌っていそうなのですよ^^。
同時に咲く菜の花も、スモモの花も・・遠景に見える南アルプスの山並みも!
メンデルスゾーンの「春の歌」は子供が赤ちゃんのときによく聴いていて、
やっぱり春に聴くと春を夢見る琴線をさらさらと撫でてくれる曲です♪

暖かくなってまた自然災害が発生していますが、どうか人智で被害を最小に食い止められますように!!

よい週末をお過ごしください。。
[PR]
by withyoursong | 2012-03-16 11:26 | 音楽♪ | Comments(2)

雪が踊っている~ドビュッシー

我が家のワンちゃんに促されるように外をみたら、
薄灰色の空から雪が舞ってきていました。

見上げると空のずっと上から降りてくる雪はくるりんくるりんと、
方向を変え、それぞれに楽しげに地上に向かっています。
身軽に向きを変えるのは、ぼたん雪になりかかるふんわりした雪でしょうか。
中には小粒の水気のある雪もあるので、降り方はさまざまです。

こんな時はドビュッシーの『雪が踊っている』を聴いてみたくなります。
雪の舞う景色を見ながらこの曲を聴くのは初めて。
音楽を聴きながら空を見上げたら、雪のひとつひとつが音のように見えてきました。

2分34秒の短い曲。踊っている雪、綺麗です。

あーでも、眠くなってきます。。。

さあ、今日も1日、前を向いて歩きましょう。(もちろん!)
[PR]
by withyoursong | 2012-02-18 10:26 | 音楽♪ | Comments(6)

It’s OK to fail, just keep on trying.

 なんにもいらない なにもほしくない
 あなたがいるだけでいい
 きのうみた夢も せかいの終わりも
 あなたがいればこわくない ~~♪
        (吉田美和 愛するこころ より)

昨夜ピアノのレッスンの帰りに、娘が口ずさんでいて、
それ、誰の歌だったかなぁ・・ああ、なんか懐かしいね。
DREAMS COME TRUEだったね♪

震災後、復興支援のために、アーチスト収益のすべてを寄付し続けると発売された
DREAMS COME TRUEの「THE SOUL FOR THE PEOPLE~東日本震災支援ベストアルバム~」  
を6月に手にしたときから、そう言えば毎日毎日聴いていました。
自分の気持ちは上手に言葉に出来ないけれど、
吉田美和さんの歌詞とメロディが心の支えだったときが確かにありました。
こんな、愛の溢れた曲たちの詰まったアルバムに出会えてよかった。

 10000回だめで へとへとになっても
 10001回めは 何か 変わるかもしれない
ってあったよね。
よく10000回も諦めずにやり続けられるよねえ。
アラベスク(ドビュッシー)も10001回目には弾けるかなぁ。と私・・

まだ10000回弾いていないやろ!! 
あと9950回位は弾かなあかんで!   と娘・・

ああそうだ。50回弾いたかな。もしかしてまだかも・・
しかもまだ最初の1ページ目;;大変なの・・頭と指が全然ついていきません。無理なのかなぁ。
私には不可能に思えるこの曲も、今投げ出したら、きっと一生弾けないでしょう。だから、
今は投げ出しません。

"Don't let your dreams be dreams."-Jack Johnson
[PR]
by withyoursong | 2012-01-12 11:08 | 音楽♪ | Comments(0)

報道ステーションオープニング曲  「I am」 ♪

報道ステーションのオープニング曲「I am」はうちの家族のお気に入りで、
娘は耳コピでピアノで弾きます。なかなか難しい。。
番組でもManami Moritaさんが生演奏された時もありましたネ。
少し緊張されていたのかしら?

音が心のまわりをさらさら撫でて、さあ、また歩こうよって謳っているような曲。
もうひとつ、TV画面を見ていると、”ひとふで書き”(←赤い糸?絆・・かしら?)が楽しめますね。
前は、お散歩をする人と、ビル、公園などの背景だったような気がしますが、
ここ最近は、クリスマスバージョンのひとふで書きの絵が画面を流れていきます。
サンタさんの後ろからトナカイさんが愉快にあらわれたり、
トナカイとサンタさんが引っ張っていたお星さまが、クリスマスプレゼントになって
みんなのもとに降りてきたり。。
大人にも、子供にも・・・星の光のような煌く想いが届けられそう。

よい週末をお過ごしください。



追記・・
 オープニング映像を手がけたのは、東京藝術大学大学院アニメーション専攻在籍中の
 奥下和彦さん(1985生まれ)
 赤い糸で、人のつながりを表現しようと思ったのは、自身の失恋体験から発想されたようです。
 繋がったり、離れたり・・

 既知の人とも、まだ見ぬ人とも、人々が何かの縁で赤い糸で繋がっていて、
 それが形を変化させながら、時が進んでいくイメージかしら^^
 やっぱり赤い糸だったのですね。
 これを読んでくれているあなたと私は、赤い糸で繋がっています^^
 繋がってくれていて嬉しいです。
 さて、私たち、赤い糸でどんな形ができるでしょうか。
[PR]
by withyoursong | 2011-12-16 10:53 | 音楽♪ | Comments(2)

GONZALO RUBALCABA 『IMAGES』 ♪ ー1991

~波のような、風のような、夢のような、人生、死、偉大なる道、そして果てしなきイメージ~

これはGONZARO RUBALCABAのアルバム『IMAGES』の本人の言葉の翻訳のラストの部分です。
”果てしなきイメージ”・・彼の音楽を聴いていると、その規模は広大無辺なんだろうと感じます。

ふふ。わたしのちっちゃなイメージと規模が違う。

ヤマハがインタビューしています。その答えから抜粋
 音楽で本当に大切なことは、自分の感情を音楽として表現することなのです。
 それが喜びであっても、悲しみであっても、愛情であっても、フラストレーションであっても、
 感情のすべてを音楽に入れ込んでください。
 ・・演奏者とピアノが一体化した瞬間に、何か素晴らしいミステリーが生まれているのでは
 ないでしょうか。

表現するということにおいて、こんな風にすべてを表現できる人たちが、私達に感動を与えて
くれる人たちなのでしょうね。

来年のLIVEは COTTON CLUB かな♪ BLUE NOTE かな♪

よぉし!いくぞぅ^^♪ 
[PR]
by withyoursong | 2011-12-06 10:00 | 音楽♪ | Comments(2)