春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:注意( 1 )

だまされても ?

ある日テレビドラマをみていて、
素敵な男性をめぐって・・

「彼なら信じても大丈夫よ。悪い人じゃないよ。」と私。
夫は「そんなことはない、こいつはこう見えて悪いことを考えているはずだ。」
私「えー、こんなに良さそうな人を信じなくてどうするの・・」

結果・・・私の惨敗でした。。

「ほらっ悪い奴だったやろ!! おまえはすぐに騙されるから・・
 格好いい奴に騙されたらあかんで。」
と、お灸をすえられました;;

自ら進んで騙されに行かないように;時々はこんな注意もありかな。^^
チャンチャン。。。。おしまい。

そういえば、絵本の最後の、「とっぴんぱらりの ぷう」とは??

 とっぴんぱらりの ぷう



と、ちょっと調べてみました^^
 とっぴんぱらりの ぷぅ とは、秋田地方の方言で、昔話等の物語の最後を締めている言葉
 「はい、これでおしまい」「さあ、もうおやすみ」を合わせた様な意味をもつ。

他にも最後に違う言葉が出てくるときがあるなぁと、・・検索しました。
 
「NHKことばおじさんの気になることば」より(抜粋)
 昔話には各地で「語り始め」と「語り納め」の決まり文句がある。

 青森ーー「むがしァあったじォんなァ・・」「・・どっとはらい」
 山形ーー「とんと昔あったけど・・」「・・とっぴんからりん」
   東北の「どっとはらい」「とっぴんからりん」は、ありがたい、貴重だという意味の
  ”導かれ”という言葉が変化したもの。

 福島ーー「ざっと昔あったと・・」「いちがさかえもうした」
   福島の「いちがさかえもうした」は、一生栄華に暮らしたという意味の”一期が栄えた”
  という言葉が変化したもの。~主人公の「一期=一生」が素晴らしいものだったと語り納めた。 
 
 岡山ーー「なんと昔があったげな・・」「・・昔まっこう」
   中国・四国地方に伝わる「昔まっこう」、「こう」は”かくのごとし”と使われる”斯く”で
  「まっ」はその強調、つまり、昔話は以上のようなことという意味。

他の地方にも、まだまだあるのでしょうね・・ご存知のかた、教えてくださいね。
「語り納め」に、愛情がこもっていて、地域の人たちに語り継がれて、なんだか素敵な言葉たちです^^

私の絵本には、秋田の「とっぴんぱらりの ぷぅ」があったのですね。
あまんきみこさんの、『きつねのおきゃくさま』という絵本です。
子供が小さい頃買って、読み聞かせをしてあげる時、必ず私が真っ先に泣いてしまって、
ママが泣く本・・と、子供が言っていました。他にも、心に響く絵本は多く、
感情移入してしまうと、涙腺がやられてしまいます。
『きつねのおきゃくさま』も、いまだに泣いてしまう・・・
子供の絵本なの!?っていうくらい、切なく愛を感じるお話です。

    とっぴんぱらりの ぷう
[PR]
by withyoursong | 2011-12-02 07:00 | 注意 | Comments(2)