春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

2017年9月30日

9月もあっと言う間に最終日になりました。
虫の鳴き声は賑やかに、夜の空気が冷たく感じられる毎日です。
昨年同時期の辛い1日1日が塗り替えられていくように、穏やかに過ごせたことを有り難く思っています。

さて、今月からジョギングを始めました。
日頃の運動不足解消の為に、11月のマラソン大会の5Kmコースに申し込みましたので、それに向けての練習です。
走り出すとすぐに休みたくなってしまう自分に困っていましたが、徐々に休まずに走れる距離が伸び、今はとてもゆっくりですが5Km程を走り続けられるようになってきました♪
出来ないと思っていたことを克服することで、心身ともに強くなっていくように感じています。
練習はいつも暗くなる頃か夜遅くなので、日没を見たり、上弦の月が沈んでいく様子を見ながらのジョギングです。


和歌浦、片男波、浜の宮と、景観に恵まれたルートを走れることも私にとって走る気分を上げる良い条件となっています。

日没の風景ですが、最後だけ月が傾いていくところです。同じような写真ですね^^;

b0232400_23403529.jpg

b0232400_23405818.jpg

b0232400_23413319.jpg

b0232400_23423114.jpg

b0232400_23431664.jpg


10月も少しずつ進歩出来る日々でありますように。


[PR]
# by withyoursong | 2017-10-01 00:06 | はじめの一歩 | Comments(4)

2017年8月31日 宮古島の思い出など

8月最終日です。家族で夏休みを(なんとか)揃えて沖縄の宮古島に行ってきました。海や魚、星空に魅了された短い休日はかけがえのない幸せな時間となりました。
b0232400_18210902.jpg
下地島のカヤファビーチにて クマノミが可愛い

b0232400_18221636.jpg
こちらも下地島

b0232400_18230796.jpg
池間島 八重千瀬(やびじ)の海 凪いでいました

b0232400_18250005.jpg
伊良部島の青の洞窟

b0232400_18254321.jpg


b0232400_18273620.jpg
八重千瀬にて 海ガメ (うっすらと)

b0232400_18280957.jpg
ホテルで保護している海ガメ たくさんいました

b0232400_18301199.jpg
来間島から虹

b0232400_18304568.jpg
b0232400_18312845.jpg
b0232400_18323671.jpg

ここまでが宮古島です。各島には橋が架かっているので車で渡ることができます。八重千瀬の海は驚く程の数の魚がいました。なのに水中カメラの充電が無くなり、残念なことに水中写真を撮ることが出来ませんでした(><) 沖縄は台風が来ず海水が混ざらないので高い水温になっているようです。珊瑚礁にとっては台風が必要だったのですね。珊瑚の白化が何とか止まって欲しいものです。

b0232400_18344527.jpg
奈良 そに高原

b0232400_18351655.jpg
和歌山にて

b0232400_18354600.jpg
フクロウカフェにて

b0232400_18360825.jpg
8月の日没の空

31日に投稿が間に合わず、もう9月になってしまいました。
今月も穏やかな日々でありますように。



[PR]
# by withyoursong | 2017-09-01 00:16 | Comments(5)

2017年7月31日

外へ出ると一気に体力を奪われそうな暑い毎日が続いています。
ですが今月は意外と外出する機会の多い月でした。
特に印象に残ったのは毎年恒例となった日野皓正さんのライブです。
「我々プロのミュージシャンは1音1音に命を賭けているんだ。そうしないとお客さんに届かない。」と、気合い充分に演奏して下さいます。
そうして奏でられた音は心の深いところに響くように感じられました。
ライブハウスのオーナーも、日野さんはどんなステージでも手を抜かない、と絶賛しています。
75才で父と同じ歳と思えない位パワフルで、身のこなしがいつも素敵です。
それと、ドラムの石若駿君の演奏も聴く度に感激します。まだまだ若い方なので、どんな風になっていくのか、とても楽しみ♪また来年も楽しみにしています。

思い出の写真は、庭先で見つけた甲羅が笑顔に見えるカニさん、今年も何匹も巣立った(?)セミさん、山梨からの桃、デラブドウ、久し振りの梅田の夜景、なんばの道頓堀(すぐ先が有名なグリコの看板)、娘が撮った花火、息子が撮った富士山山頂。大学生の子供達はそれぞれ活動的に過ごしていて、親とは別の予定が増えてきて、時々LINEに写真を送ってくれます。私も子供を見守りつつ子離れをしないと…という時となりました。

白金も銀も玉も何せむに 優れる宝 子に及かめやも(山上憶良)

そうそう、今月は映画『パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊』を家族で観ました。バルボッサが娘を守る時に、娘に「私の宝だ」と伝え、自分の身を投げ出すシーンで涙が止まらなくなりました。本当、何よりも子供が宝です。子供達がずっと元気でいられますように。

b0232400_18364005.jpg
b0232400_18372152.jpg
b0232400_18375056.jpg
b0232400_18381642.jpg
b0232400_18383546.jpg
b0232400_18390470.jpg
b0232400_18400289.jpg
b0232400_18402368.jpg
b0232400_18404076.jpg


写真が多くなってしまいました;

良い8月となりますように。



[PR]
# by withyoursong | 2017-07-31 19:07 | Comments(4)

2017年6月30日

今月も最終日になりました。梅雨といっても晴れの日が多い6月でした。
今朝は雨が強く降りましたが、お昼からは湿気を伴う暑い晴れ間となり、夜の今も外は生温い感じがします。
1日1日を無事に過ごせることに感謝しつつ、今月の思い出の写真を何枚か選びました。

周りの人達に喜んで貰おうと考え行動し、結果喜んでいただくことが多かったので、心の中がいつもより温かい気がします♪
b0232400_20450138.jpg
b0232400_20453152.jpg

1枚目は元気に咲いた山法師です。2枚目は長島温泉ホテル花水木の電飾です。似てますね❀


b0232400_20501293.jpg

なばなの里です。


b0232400_20531160.jpg
b0232400_20533389.jpg
b0232400_20540234.jpg
和歌山市の和歌の浦周辺や紀三井寺、海南市の藤白坂等が「絶景の宝庫 和歌の浦」として平成29年度日本遺産に選ばれました。和歌山では他にも湯浅醤油も登録されました。
この写真3枚は夏至の日の19時前に雑賀崎の灯台から西側・番所庭園、双子島側、頭上の灯台、東側・高津子山を撮ったものです。
この日は珍しく娘から誘って貰い夕方ドライブに出たので、とても嬉しかったです。風がとても強くふらついてしまい、写真を撮る度笑ってしまいました(*^^*)

自然豊かなのんびりした町です☆

明日からの7月、無事に過ごせますように。




[PR]
# by withyoursong | 2017-06-30 21:16 | いろいろ | Comments(4)

2017年5月31日

5月ももう終わりです。
月に1度しか投稿していないのに、あっと言う間にこの日がやってきます。
のんびり屋というか、のろまというか…多分両方でしょう。
今も他にすることを溜めながらのろのろと入力です^^;。

5月は久し振りに子供達も一緒に長野や山梨で実家の皆と遊べ、想い出が沢山出来ました。
白馬八方尾根で春スキーをしたり、スキージャンプ台、帰りに長野の善光寺を見学、
別の日は甲府の善光寺で御戒壇廻り、勝沼ぶどうの丘、富士急ハイランドなど。
父や母も成長した子供達と幸せそうにしていて、一緒に過ごす貴重な時間を持つことができました。

4月に揚げた鯉のぼりは夫の幼なじみの力も借りて無事に下ろしました。両親(義理の)も今度揚げられる時に生きているか分らないから、今年は孫と揚げられて、そして揚げ方を伝えられて思い残すことはないと、感慨深げでした。
両親が今年見納めにならないようにと思いながら自宅に戻りました。

自宅では今年もエゴノキに白い花が満開に咲きました。
下向きに花が咲くので、真下から上を向くと花が降り注ぐようでいつまでも見ていたくなります。優しい香りも漂います。
上手な写真はありませんが想い出に。
b0232400_20573539.jpg


b0232400_20582938.jpg

細い川が流れていて、近づくと水の音がゴーっと大きかったです。
雪解けの水の流れでしょうか。

b0232400_20591720.jpg

…葡萄の弦が地面に影をつくり綺麗!

b0232400_21001655.jpg


b0232400_21004563.jpg


b0232400_21022948.jpg


6月も穏やかな日々でありますように。


[PR]
# by withyoursong | 2017-05-31 21:30 | いろいろ | Comments(4)