春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

2017年8月31日 宮古島の思い出など

8月最終日です。家族で夏休みを(なんとか)揃えて沖縄の宮古島に行ってきました。海や魚、星空に魅了された短い休日はかけがえのない幸せな時間となりました。
b0232400_18210902.jpg
下地島のカヤファビーチにて クマノミが可愛い

b0232400_18221636.jpg
こちらも下地島

b0232400_18230796.jpg
池間島 八重千瀬(やびじ)の海 凪いでいました

b0232400_18250005.jpg
伊良部島の青の洞窟

b0232400_18254321.jpg


b0232400_18273620.jpg
八重千瀬にて 海ガメ (うっすらと)

b0232400_18280957.jpg
ホテルで保護している海ガメ たくさんいました

b0232400_18301199.jpg
来間島から虹

b0232400_18304568.jpg
b0232400_18312845.jpg
b0232400_18323671.jpg

ここまでが宮古島です。各島には橋が架かっているので車で渡ることができます。八重千瀬の海は驚く程の数の魚がいました。なのに水中カメラの充電が無くなり、残念なことに水中写真を撮ることが出来ませんでした(><) 沖縄は台風が来ず海水が混ざらないので高い水温になっているようです。珊瑚礁にとっては台風が必要だったのですね。珊瑚の白化が何とか止まって欲しいものです。

b0232400_18344527.jpg
奈良 そに高原

b0232400_18351655.jpg
和歌山にて

b0232400_18354600.jpg
フクロウカフェにて

b0232400_18360825.jpg
8月の日没の空

31日に投稿が間に合わず、もう9月になってしまいました。
今月も穏やかな日々でありますように。



[PR]
by withyoursong | 2017-09-01 00:16 | Comments(5)
Commented by minori38 at 2017-09-01 06:59
 南の島で夏の素適な時間をご家族で。良き想い出を。
やはり水族館とはスケールがけた違いのようですね~。
ウミガメと一緒に泳げる海で。人生観も変わりますね。☆

賢い愛犬HARUくんの後ろ姿に親しみを。癒されます。♪
また、フクロのいる珈琲店にびっくり。縁起が良さそうで。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-09-01 07:50
イイナ・・・。羨ましいな・・・。
台風が来ると大変かもしれないけど。
名古屋からは便があるのかな・・・。
Commented by withyoursong at 2017-09-01 18:24
minoriさま、こんにちは。いつも応援コメントありがとうございます!
八重千瀬の海の中は360度色々な種類の魚の群れに囲まれて嬉しかったです。
ただ自分でも驚いたのは、1人になった時、その前に説明して貰っていた大きなロウニンアジが向かってきて、1対1で見つめられたのでその場に背を向けて慌てて逃げ出してしまったことです。後から考えると仲良くなれたかも知れないのにと悔やまれます。
でもこれがサメとかだと気を失ってしまうかも知れませんね。。
海ガメはゆうゆうと泳いでいて、素敵でした♪
今もあの綺麗な海や魚達のことを考えていますよ。
潜りに行けない時は水族館で安全に観察したら良いですね☆

HARUは山の上で風に顔を向けて涼んでいるところです。8月のハイキングは暑くて酷だったかも知れません。
フクロウはなんと13種類位いて、触れるのですよ。時々噛まれます(^^)
福や学問成就ですね。9月もお元気にお過ごし下さい。
Commented by withyoursong at 2017-09-01 18:31
takeshiさま、こんにちは。
宮古島、海がとても綺麗でしたよ。
名古屋からの直行便も今年6月からできたようですね。
私は海で楽しんできましたので、視点の違うtakeshiさんに是非宮古島の旅行記をお願いしたいところです!
9月もお元気にお過ごし下さい☆
Commented by nihon-burari at 2017-09-08 15:26

お知らせ
去る8月10日に緊急入院をしましてブログへのコメントが返信できず、ご迷惑をお掛けいたしました。
長年続けてまいりました“日本ブラリ”ですが最近体調が思わしくなく、更新することが
難しくなってまいりました。
よって、このたびの更新をもちまして“日本ブラリ”をいったん終了させていただきます
以前からご案内しておりました“フィルム時代の写真をアップさせていただく”の件につきましては、また違った形で発表させていただきます。
長年にわたり日本ブラリをご覧いただきありがとうございました。