春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

お花かな、雑草かな。

時間帯によって寒かったり暑かったりするこの頃です。
日本には四季があり、その中でも変化が沢山。

しなやかに受け入れてさりげなく対応していく。
背筋を伸ばしてしゃきっと^^♪
気候にはしゃきっと対応できますが、心模様にはなかなか順応できない小さな私です。
どんな時でも、成りたいような自分でいたいものだと、今も反省中です。

そんな中、
皆さんのブログを読ませていただくと、勉強になることや励まされることが沢山あります。
とても個性的で、ブログってそれぞれのお家みたいだと思います☆

さて、先日のKさんのブログでアップで素敵に載っていたお花は、我が家にも咲いていて、
可愛らしいお花なので雑草としては扱えずどうしたらよいのだろうと・・毎年判断がつきません。
b0232400_9473226.jpg

調べてみるとオキザリスのピンクと黄色らしいです。
ピンクの愛らしい花はムラサキカタバミ・・カタバミの花言葉は「輝く心」
って読んだら、雑草として抜くのは忍びないですよね。

草取りという作業中は、これはどうかな・・もう少し花が咲くのを待とうかなとよく判断に困っています。

夫は、「僕なら全部抜いてしまう」・・そうです。
確かに繁殖力が強く、黄色い方は間引きしてもすかさず次々広がっていきます。

見る人によっては雑草に見えるこの小さく可憐に咲くムラサキカタバミに
今から水をあげて挨拶してきますね。


今までぽっちゃりと佇むことの多かったアオサギですが、
暖かくなったからかしら、今朝は首を長ーく伸ばしてスリムに立っていました。
首を伸ばしたり収納(?)したりして気候に順応しているかのようでした。

私も夏向きに・・*^^*
って、さてなんのことでしょう♪

良い週末をお過ごしください。
[PR]
by withyoursong | 2012-05-19 10:19 | 変化 | Comments(2)
Commented by sola-1-sola at 2012-05-24 14:03
雑草と花に分けたのは人間の傲慢な所でしょうね〜。
良いんです。好きなんだから。
カタバミだってぺんぺん草だって。
小さな一輪挿しに挿したらとてもチャーミングにな空間になります。
花屋の花だけが花じゃなし。
Commented by withyoursong at 2012-05-25 10:16
solaさま。
そうですね。人間が勝手に分けているのですね。
solaさんの言葉を読みながら思い出していました・・
上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」最終巻。
薬草師のタンダが、留守をしていた自宅周辺の雑草が抜かれたと聞いて、
「・・・・・・雑草なんて、この世には、ないのにな。--抜いちまったか。」
って言うんです。
草花を見るとき、時々そのやさしいタンダの声を思い出します。
タンダはお料理も得意で、とっても美味しそう^^。
ちなみに男性ですが・・。