春の歌 春の香り

harunoyume.exblog.jp
ブログトップ

花びらが空に地に

明るい日差しの下、桜を観たいと思っていましたが、こんなに近いのに叶わず、
昨日も夕暮れから暗くなっていく時間に桜のお寺に上りました。
今日の風雨は控え目ですが満開を過ぎた桜は我先にと花びらを舞わせているようです。

先ほど近所の画家さんが、今朝画家さんの家の前の池が桜の花びらでピンク色に染まったと
写真を持ってきてくださいました。
「花筏」と表現された、池を覆う花びらが美しい写真です。
散ったあとも池や地面を彩る桜に逞しささへ感じるような明るい写真でした。

見る間に桜は散っていくけれど、7日と10日の桜をここに留めます。

桜とHARU
b0232400_11231651.jpg

花のトンネル
b0232400_11245567.jpg

桜を撮る(娘)
b0232400_11261860.jpg

海を見る
b0232400_11274596.jpg

HARUとお友達
b0232400_1128382.jpg

ひとつが終わりまた新しい時が始まります
b0232400_11315035.jpg


昨日は公立小学校の入学式でした。
和服姿で子供の手を引かれている方をお見かけしこちらも背筋が伸び、
気持ちが引き締まる思いがしました。
着物の文化を私も取り入れたいと再確認しました。
桜咲く小学校、雨にもならず、桜は少し花びらを散らす風雅な日で何よりでした。

小学校入学時の桜の記憶が、はっきりと桜を意識した最初の記憶かも知れません。
そして中学校・・
小学校の卒業式でメソメソ泣いていましたが、中学校の桜の花が両手を広げて歓迎してくれました。

桜の花の原風景が、新学期という切り替え時にあるからか、
桜の花にはつい出会いや別れを投影してしまうような気がします。

西行が愛した桜の花・・・
願わくば・・・・・・・

実家のワンちゃんは先日桜の開花を待つように永遠の眠りにつきました。。。

花期が短く、儚げで美しい桜をみると、
過去の輝いた時と失った時の記憶や想いが無意識に揺さぶられるのかも知れません。
卒業や出会いはこの桜の時でした。
切ない気持ちが強い分、一時満開に咲く桜に恋するのでしょうか。

そうして、また新しい一歩を踏み出します。

桜前線は今どの辺りを北上しているのでしょうか。

よい日でありますように。
[PR]
by withyoursong | 2012-04-11 12:20 | | Comments(2)
Commented by minori38 at 2012-04-12 07:03
お帰りなさ~い。お疲れさまでした。久々の、withyoursongさんのマイブログ、新鮮です。自宅のまわりの春の風景もすばらしいですね。また、HARUわんちゃんの夜桜の写真にも癒されました。♪・そちらは、芭蕉も立ち寄った由緒ある桜の名所なのですね。・・・
Commented by withyoursong at 2012-04-12 10:28
minori38さま、こんにちは。
久し振りにブログに向かったら書きすぎてしまって反省していたところでしたので、
minoriさまのコメントにほっと癒されました♪

HARUちゃんはあたたかくなる春にはお散歩の機会が増えて嬉しそうですよ^^。

紀三井寺は奈良時代からの歴史のあるお寺のようです。
西国2番目の札所であったり、名水100選、桜100選なども。。
芭蕉の像もありますが、余り気付かれていないのではと思うほどひっそりと立っています。
そんな感じがまた芭蕉らしいかも知れません。

古の文人に愛された山や海を近くに感じて
自然の移り変わりを楽しめるので有り難いことです☆